お茶の道具を片付ける

茶道を習っていて、3年くらい前から、お茶の道具をそろえ始めました。

お釜とか抹茶茶碗とか、掛けもの(掛け軸のこと)や、細かいお道具はいろいろあるので書ききれませんが、ものすごくたくさんあります。

茶道は季節を大事にするので、季節ごとにお道具も色々あります。

日本人は本当に季節を大事にして生きてきたんだなぁ~と思います。

お道具だけではなくて、着物も季節があります。

夏のきものにもいくつも種類があり、時期・着物の柄・考えることが多いんですよ。

そんなこんなで、お道具から着物までどんどん数が増えていくんですね。

お茶を習い始めて4年弱経ちますが、本当に物がどんどん増えてしまいました。

お稽古は楽しかったのですが、家が片付かないです。

あったらいいなぁ~と思う道具や着物を全部そろえると、たぶん押し入れだけでは入りきらないような感じがします。

これからどうしたいのかを考えて、お道具も一式揃えて本格的にやりたいのか、それともただ、楽しむだけでよいのか・・・

家が片付かないのを見ると、ちょっと考えたい気もします。

自分が家で簡単にお茶を楽しむだけであれば、それほど本格的なお道具をそろえなくてもいいのでそうするか、それとも大変だからやめちゃうのか。

趣味も楽しい間はいいのですが、趣味に振り回されるのは本末転倒というのか、なんのためにやっているのか、ストレスがたまってきたりして、物との付き合い方は、生き方の問題でもあるのかと思います。

ちゃらんぽらんとやることもできますが、ついつい一生懸命になってしまうんですよね。

なんでも一生懸命に取り組むことも大事かなとも思うのですが、ストレス解消になるように楽しみたいとも思います。

着物も少しずつわかってくると、この時期にこの着物はおかしいかな・・とか思ってしまって、違う着物が欲しくなってしまうんです。

中古のきものをヤフーオークションなどで、安価で買えるんです。

すると、ついついこんなのがあったらいいな‥と思って、着物を買ってしまうんですよね。

いくら安くても必要以上に、買わないようにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です